姿勢を変えるタイミングをシステム化

姿勢を変えるタイミングをシステム化

身体がむくんでしまうのは、長時間同じ姿勢を維持していることが原因の一つです。

そのため、私は一日の間に3回姿勢を変えるように工夫をしています。

姿勢というものは無意識に取ってしまうので、意識的に改善することは困難です。私が実践しているのは、あらかじめ設定しておいた時間が到来したら姿勢を変えるようにすることです。

道具は、目覚まし時計とバランスボールの2つのみを使います。一度目の時間は正午にセットしておき、目覚まし時計が鳴ったら椅子から立ち上がった状態をキープします。二度目は午後三時です。例によって時間が到来したら、バランスボールに座ったままの姿勢を維持します。この状態は、午後六時まで続けられるように努力しています。椅子に座る、立ち上がる、そしてバランスボールに座るという3つの姿勢を一日の間で切り替えることによって、身体がむくまないようにしているのです。ついつい忘れてしまいがちな切り替えのタイミングは、目覚まし時計を使えば管理することは容易です。





© Copyright むくみ解消おすすめ. All Rights Reserved.