夕飯は塩分控えめを心掛けてみよう

夕飯は塩分控えめを心掛けてみよう

私の場合、夕飯に塩分の高いものを食べると翌朝顔が浮腫むことが多くて、なるべく夕飯は塩分控えめを心掛けています。

暑い時期は冷奴などあっさりしたものを副菜に。 寒い時期は温野菜のサラダなどが出番が多く、例えば鰹節をかけるだけで、お醤油は少量で済むし、薬味なども上手に使って塩分を調節しています。あと、「もやし」は利尿効果もあると知って、積極的に採り入れています。

なんといっても安いし、お財布にも優しい。生姜焼きなど、しょっぱめの味付けの時に添えてみたり、ほうれん草などのお浸しに追加してみたり、なかなか出番も多く万能です。ちなみにバナナも利尿効果があるのだそう。バナナは食物繊維も多いし、こちらも最近、積極的に採り入れてます。上記を心掛けるようになってからは、朝、顔がパンパンに浮腫むというなんて事も劇的に減りました。デートの前日など、大切な日の前夜など。塩分を控えるだけで、翌朝のコンディションなどだいぶ違うもの。これが私の浮腫み対策です。





© Copyright むくみ解消おすすめ. All Rights Reserved.